Top

NiNe;matic Project

2017.02.08
第1弾企画、ボイスドラマ制作進行中。
続報をお待ち下さいm(_ _)m

sakura.jpg
NiNe;matic Project
にねまてぃっくぷろじぇくと

通称にねプロ。

主宰・福山千香が描きたい世界。
それに賛同した役者陣が声を掛け合い、2015年末より薄っすら活動開始。
月に一、二度の稽古?話し合い?を繰り返し、2016年11月より団体として本格始動。

舞台、芝居、演技、という枠にとらわれず、思いついたパフォーマンスを様々な形で提示するため、
あえて劇団の名を冠せず、"劇的"であることを目指して団体名を命名。
今後何が飛び出すかは、当事者たちでも解っていない……


そんな団体。



活動のご質問、お問い合わせなどは
下記のアドレスからお気軽にお問い合わせください。

ninematicproject★gmail.com
(お手数ですが★を@に変えてご使用ください)







  NiNe;matic_Project,

稽古場日誌8 - 福山

こんにちは!
こう見えて主宰の福山です!(*・∀・*)ノ



この度、ようやっとボイスドラマ第2弾の台本が上がりました。

今回のお話は、ケーキ屋を舞台にしたドタバタお仕事コメディ(?)です。

個性豊かなキャラクターを、個性豊かなメンバーが演じていきますので、恐らくしっちゃかめっちゃかになることでしょう。。。

書き終えた私が1番楽しみだったりします(*´ω`*)





はてさて、読み合わせです。

今度のお話は主に男性2人と女性3人の登場人物です。




あれ?




うちって女性パフォーマー2人しか居なくね?



ってことで、今回のお話に参加してくれる、かわいこちゃん(古っ!)を連れて参りました!

じゃん!
↓↓↓

S__8282461.jpg




すみません。
お写真撮り忘れたので、今回のオヤツのお写真を載せておきます。
(後ろ姿のメンズたちも写ってるよ)


田中さきちゃんという女の子です!
主宰が職場でナンパしてきました(笑)
写真は後日改めて載せることにします。。。



さきちゃんが加わったことにより、今まで仮で福山が読んでいた役が、全く違う感性で演じてもらうわけで。

主に楓きゅん(福山はメイプルと呼んでいますが、あまり浸透してないので、前回の藤田に引き続き楓きゅんと呼びます)との会話が多いのですが、楓きゅんの受け答えにもまた変化があったりと、
なかなか面白かったです。



てか、私が読んでた時より優しい感じがしたんだけど?

あれか?

楓きゅんは福山のこと好きぢゃないのかな。。。?


(楓きゅんに無茶振りばかりする点は棚に上げておくものとする)




そんなこんなで、なんとか本格的に新しい作品に取り組めそうです!

みなさま!乞うご期待!





ん?
第1弾のボイスドラマどうしたって?

はい!すみません!(。>д<)
もうすこし!
もう少しなんです!

なので、寛大な心で、今しばらくお待ちください(>_<)
関連記事

  稽古日誌, ボイスドラマ,

稽古場日誌7+α - 藤田

ごきげんよう藤田です。
なんか暖かくなってきましたな…今日の藤田は半袖一枚。
このまま夏に……ならないよなぁ、絶対。
気温のアップダウンに身体がクタッとならないように、自己管理に励みませぬと。
皆様もご自愛くださいませ。


はて。
にねぷろ定例稽古…は今日は小休止。
集まりはしましたが途中まで進んだ台本のチェックと、あとは半分雑務半分座談会…??

あ。名刺。各々の手に渡りました(笑)

ファイル 2017-05-09 1 55 44

片面はにねぷろ仕様で、もう片面は個人仕様。
オレンジの主張が激しいですが、みんな自分の営業に使ってね♪
あとロゴマーク、ちかちゃんの手描きからおこしたんですが、間違ってもパイナップルではありませんよ!!
見えないよね…?パイナップル…?





ふむ。終わってしまった…
終わってしまったような気もするが、なんか物足りないので。
というか今日の↑座談会で僕、話し足りなくて。

で。ポチポチ書いてた先月のあおちゃん&楓きゅん(←この呼び方流行らないかなぁ??)のお芝居の感想を一気に書き上げました。
そーゆー事は自分のblogに書けですと?えぇ、そのつもりだったんですけどね。。。
なんか今日僕お当番っぽいし、二人ともにねぷろだし、ちょうどいいのでドサッと載せちゃいます。諦めてください(何)

そこそこ長いデスヨ、、、、



ということで、我がにねぷろ期待のニュージェネ!
あおちゃんと楓きゅん出演の舞台&朗読の(超個人的)感想をば。



●劇団世ふかし「Connect×Depart」

なんつーか。羨ましい劇団さんです。
僕が卒業すぐの頃はそんな行動力無かった。えぇ。悲しいくらい。(当時の僕にエルボーかけたい)

若い!とかパワフルとかで片付けるのも簡単なんだけど…なんだろちょっと違くて。
団体としてお芝居を楽しんで、真摯に向き合ってる感じがして、凄く好感が持てるってか好感しかないんだな。
あんまり良い言い方じゃないけど「許されるうち」になんでもどんどん挑戦して欲しい。
つまり、いいぞもっとやれー!ってこと(え)

で、我らがプリンセスあおちゃんは。
「こんな事ができるんだ!」ってのがあって早速個人的にスカウトしましたww
今後はその才能を遺憾なく発揮してくれるでせう(笑)
可愛いよはぁはぁ(危)

いわゆるヒロインって、嫌われちゃ成立しない、でも人間的にドラマを描くなら悪い面が見えたりすることもあるわけで。
凄〜く細い線を辿る役作りが必要だったりするわけですよね(自論です。)
その加減が絶妙。
もう本人の持ち味だよね…あれは他の人には出来ない。

他のキャラクターも見てみたい反面、その味をどんどん磨いていって欲しい、貴重な女子キャラです。。。
僕はあおちゃんが何をしてても笑って見ていられる自信がある。うん。



●朗読公演「コエノハナ-白詰草-/-花水木-」

t…じゃない楓きゅんの朗読。2人朗読。
相手役さんとのバランスも勿論ですが、本もオモシレー、芝居もオモシレー。
音も映像も、主張し過ぎず適度でエェ。

昼夜で演目が違ったり役が交換になるって言うから勢い余って…てへw
マチソワ通しで観て正解でした。はい。
脚本も有り難く購入させていただきましたm(_ _)m

彼はそもそものビジュアルもあるし、実際の歳も若いから、なかなか妻帯者の役とかって、顔出しだとまだふられること少ないと思うんですよね。。。
でもこれがなかなかに素敵でww
僕2回ほど共演させてもらってますけど、湖面みたいな話し方…って言うのかな。
凪いだ…うん、そんな感じの?…聞いたことなかったから新鮮でした。
他にも何役も演じてて……「何人も」じゃないの、「何役も」なの(笑)身体一個だから。
トークコーナーでも話してましたが、きっと凄く練ったんだろうなぁ。

正直、僕が出る側だったら「イジメかっw」って思っちゃう難しい脚本だったし。
それでいて昼夜で演目変わるとか果敢すぎる。
芝居を見せつつ、テクニックも遺憾なく発揮せざるを得ない。
そう言う意味でも見事な朗読劇だったと思う。

包む系楓きゅん。うちの団体でもどうですか??>主宰

そんな楓きゅんは早くも来週、次が控えてるんだな。サスガ走り続ける男。
夏は僕もまた一緒させてもらいますし。よろしくにゃ!



うむ。
まだ2人とも知り合って1年くらいだからね。
まだまだ見たい見つけたい。
完璧にただのファンだなこりゃ(笑)


あぁぁぁぁ、にねぷろのブログは真面目でお届け!と思ってたのに…ノリが、完全に、普段の藤田だ、、、、、ま、今更か。
以上、藤田みずきがお届けしました(脱兎)



関連記事

  稽古日誌, 観劇,

Latest